人気ブログランキング |
ALEX&LAL&LUCAとのシュナシュナな日々
alexlal.exblog.jp

ミニシュナとの写真日記

ホームページ移行完了↓


エキサイト以外のリンク
しろいぬアルバム
ラグドール×フェレット×ヨーキー
ミニシュナたちとの生活
★☆ さ く ら ☆★
ナナと一緒に・・・
sanaの生活
じょーじとママの一日
ジジさんとの日々
白いシュナ!とベランダ日記
ALL Schna's Home

my family Kent&Maffy BLOG
インディの秘密の部屋
おりん+紋次郎+Kent
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ALL SCHNA&#0..
from ALL SCHNA&#039..
生ハムが大好きですね
from とりま日記
アイスクリーマーでアイス..
from ミニシュナたちとの生活
仲良し兄弟★ミートソース..
from ミニシュナたちとの生活
黄金のタッグメニュー
from ミニシュナたちとの生活
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
37日目・こんな簡単な方法が
パピタンズは体重1kg前後で成長が伸び悩み気味
原因はラルの母乳をしっかり飲めていないからのようです
それでも、これが自然の流れだと思って母乳に拘っていました

7月21日 37日目(前日比)
青くん    989g(+9g)
白くん   1011g(±0g)
桃ちゃん  924g(±0g)

でも、この3日間の体重の推移はあまりにも可哀想な数字がでています
mama_sanの提案で哺乳瓶でミルクを与えることにしました
しかし、哺乳瓶での授乳は飲んではいるようですが
3匹とも長続きしないのですよ
頑張って飲んではいるんだけど・・・

お皿にミルクを入れて出したら飲むかなぁ〜

そうだよね、サークルの中でボウルから水を飲んでいるのだから
ミルクだってボウルから飲んでくれるかもしれないね!
e0130218_1585697.jpg


mama_sanがボウルにミルクを入れて差し出したらの動画編
  
ちょっと匂いを嗅いでから、この勢いで飲んでくれるじゃないですか
二人で最初からこの方法にすれば良かったねと大笑いです

哺乳瓶の苦労はなんだったんだぁ〜!

パピタンズ全員にミルクを飲んでもらって
サークルに戻したらみんなで元気いっぱいに遊び始めるじゃないですか

お腹すいてたんだね。体重も無事に増加してくれてちょっと安心
by alexlal | 2008-07-21 15:48 | ミニシュナ育児 | Comments(6)
Commented by しまぼー at 2008-07-22 03:14 x
すごい勢いで飲んでますねー!ほっと一安心(*´д`*)b
のびのびすくすくと育っているのは、ラルちゃんのよいママさんっぷりと、
パパさん&ママさんの試行錯誤のたまものなのですねっ。
Commented by alexlal at 2008-07-22 13:21
しまぼーさん
早くからサークルの水ボウル飲んでいたんですから、気がつかなきゃいけませんでした。(笑)
ラル、最近はママ業をさぼり気味です。もう少し頑張って欲しいです。
Commented by さくら at 2008-07-22 23:33 x
もっと早くに気がついていればよかったですね。そうそう~
もう1ヶ月もすぎているんだから、離乳食を始めてもいい頃ですね。
ウチは35日から始めましたが、そろそろでもいい頃です。
母乳はもうおやつ代わりですよね。。♪(笑)
お母さんもこれで少しはラクになってくれるよね。
考えてみれば、3ワンということがここまで持ってたんだって。。(笑)
Commented by alexlal at 2008-07-23 12:09
さくらさん
哺乳瓶にとらわれてました
離乳食も始めようと話していますが、母乳がおやつということは離乳食を何回かに分けて食べてもらうということですね。
3ワンコだから出来たことだと感じている日々です。
Commented by ナナママ at 2008-07-23 13:31 x
大きくなると母乳が追いつかなくなるのでどうしてもミルクをあげるようになりました(^^;
これで体重も増えて良かったですね。
この時期増えないと心配になったりしますよね・・・この暑さですから
Commented by alexlal at 2008-07-24 01:28
ナナママさん
普通は足りなくなってミルクをあげるようになるようですね。
幸い、いまだに母乳は十分足りているようなのですが、嫌がっているようなので、パピタンズの次のステップを模索することにしました。